体重が落ちない女性必見!ダイエットは生理の前と後、どっちが効果的か

 

以前はうまくダイエットできたのに、今はなかなか体重が落ちない…そんな経験はありませんか?

ダイエットの成否は、女性ホルモンのバランスに左右されることも多いのです。鍵を握るのは女性ホルモン。

その働きから”ダイエットに適した時期”をお伝えします。

○効果が出るのは生理が終わるころから!
適切なダイエットプログラムを続けても、目指している成果が出る時期と、思うような成果が出にくい時期があることはご存じですか? ダイエットにはさまざまな方法がありますが、いずれにしても生理周期と合わせて
考えるとそのメカニズムが見えてきます。大きく分けると次の2つになります。

 

・成果が出る時期: 生理が終わるころから次の排卵期が終わる頃まで

 

・成果が出にくい時期: 排卵期を過ぎてから次の生理が始まる頃まで

 

では、この時女性の身体では何が起きているのでしょうか。生理が終わってから次の排卵が起こるまでの時期は、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が増える時期です。これは女性らしい身体をつくり、自律神経・感情・骨や皮膚・脳の働きにも関係するホルモンです。この時期は比較的、身体だけではなく心もお肌も安定して、体調がよくなります。この頃は集中力もあり、身体が”言うことを聞いてくれる時期”なので、ダイエットが成功しやすくなります。

 

反対に、排卵期から次の生理が始まるまでの時期は、妊娠を助けやすくするためのホルモンであるプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が増えます。これは体内に水分を保持し、食欲を増進する働きを持っています。また、大腸の働きもにぶくなるので便秘になりがち。この時期は頑張ってダイエットしているつもりでも、思うような成果につながりにくい時期です。

 

生理が終わるころから少しずつダイエットを強化し、排卵期が過ぎたら成果が出なくてものんびり構える。
これがダイエットを長続きさせる秘訣かもしれません。

 

○善方裕美 医師

日本産婦人科学会専門医、日本女子医学会専門医
1993年高知医科大学を卒業。神奈川県横浜市港北区小机にて「よしかた産婦人科・副院長」を務める。また、
横浜市立大学産婦人科にて、女性健康外来、成人病予防外来も担当。自身も3人の子どもを持つ現役のワーキング・ママでもある。

 

主な著書・監修書籍
『マタニティ&ベビーピラティス―ママになってもエクササイズ!(小学館)』
『だって更年期なんだもーん―なんだ、そうだったの?この不調(主婦の友社)』
『0~6歳 はじめての女の子の育児(ナツメ社)』など
(エフスタイル)

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140619-00000112-mycomj-life
ソース:Yahoo!ニュース (マイナビニュース 6月19日(木)18時0分配信 )

 

4 :やまとななしこ

人間、喰わなきゃ必ず痩せる

7 :やまとななしこ

とりあえず実践してみるわ

10 :やまとななしこ

アホらし
入力と出力のバランスだろ
食べるカロリーを減らすか、運動するかだ
ただ、女はヤセより、少し豊かな方が好きだし、妊娠子育てにもいいと思う

Tags: